記事一覧

充電池と充電器について

電池種類
VAPE本体部分の動力は内蔵式充電池と
交換式充電池になります
交換式充電池のサイズでは
18350・18500・18650・26650など種類があります。
またメーカーによって出力できる
電圧(A)と容量(mah)が変わります。
味重視・爆煙重視などセットアップやアトマイザーなど
重視するポイントでバッテリー選びも変わります。

フラットトップ
充電池の形状★フラットトップ
バッテリーの形状は2種類あります。
+端子部分が平らなフラットタイプです。
(穴のような隙間があるほうが+になります。)
VAPEに使用するときはフラットトップをおすすめします。

ニップルトップ
充電池の形状★ニップルトップ
日常で使う電池によく似た
+端子が凸になっているタイプです。
VAPEに使用する際、
この凸部分が邪魔で入らない時があるので
購入前に店員さんと相談して買うようにしてください。

わからない時はフラットトップを買っておけば
特殊なMODでないかぎり失敗しないと思います。

IMR18650.jpg
★電池の説明
Efestの電池です。
2500mahの容量です。
電池の種類はIMRです。(リチウムマンガン)
電池のサイズは直径18mm・高さ650mmです。
3.7Vは平均的に出力される電圧です
(MAXは4.2Vになります。)
35Aはバッテリーが耐えられる電流の最大値です。
この充電池はノンプロテクトになります。
VAPEに使用する充電池はノンプロテクトを使用してください。
保護回路ありだと本体の保護回路と合わず
通電しないことや高さが650以上になるので
MODに充電池が入らなくなります。


VAPEをするうえで重要な式なので覚えておいてください。
電圧(V)÷電流(A)=抵抗値(Ω)
充電池が耐えれる最大の抵抗値を算出する式です。
上記の写真だと
4.2V÷35A=約0.12Ωになりますが
ギリギリのセッティングだと危険を伴うので
+0.3Ω余裕をみて0.4Ωをおすすめします。

VAPE用のΩテスターは精度が悪く
多少前後してしまうので
余裕のある抵抗値をおすすめします。


VAPEの充電池には
IMR・INRを使用するようにしましょう。
ダメなのが・・・
ICR
ICR(コバルト系)
保護回路なしのメカニカルMODに使用してしまうと
爆発の可能性がありとても危険です。

trustfire-tr001-charger-black-650x650[1]
充電器も良いものと悪いものがあります。
まずは悪いものからで上記のTrustFireや
Ultra.jpg
UltraFireなどは保護回路が付いていないので
充電終わったら即抜いてください!
充電完了後のカットオフ機能がないので
そのままだと過充電による大爆発の危険性があります。


おすすめなのは
Efest Luc
Efest Luc
保護回路やカットオフ機能など
安心して充電することが出来ます。
もっと安くしたいって人には・・・XTAR MC1  バッテリーチャージャー
XTAR MC1
コンパクトで安いんですけど
保護回路やカットオフ機能はもちろん
充電池の場合、最低電圧を下回ると
全く機能しません(充電も出来ない)が
3段階の充電方式の初期最少電圧を利用して
充電池を復活させる場合があります。
(従来は死亡フラグで破棄するしかないです。)

充電池も充電器も安いというだけで
Amazonや楽天などでの購入はやめておきましょう。
偽物が多く充電池などはラベルの張り替えもあるから
です。
充電池も充電器も一つ間違えば
爆弾になってしまうので
慎重な購入と取り扱いをお願いします
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント